リクルートエージェント良い評判悪い特徴ガイド@転職エージェント

なぜハイキャリアの求人を求める人がリクルートエージェントを利用するのか?

転職エージェントはすべて同じと思っていませんか?
実は転職エージェントの中でも、ある特定のユーザー層向けや特定の職種だけの求人を取り扱う特化型の転職エージェントと、幅広いユーザーに対して様々な職種の求人を紹介する総合転職エージェントがあります。
リクルートエージェントはどちらかというと総合転職エージェントになります。

ハイキャリアの求人を求める人はハイクラスの求人に特化したエグゼクティブ層専用の転職エージェントがあるため、そちらでも転職のサポートを受けることが可能ですが、リクルートエージェントでサポートを受けるハイキャリアの方が多いようです。

なぜエグゼクティブ層がリクルートエージェントを選ぶのか?

ハイキャリアの求人案件ばかりを扱う転職エージェントがある中でなぜリクルートエージェントが選ばれるのでしょうか。
総合転職エージェントであるリクルートエージェントは、幅広い職種や業種の求人案件を保有していますが、実はハイキャリアの求人を求める方に対してメリットが2つあります。

エグゼクティブな求人を多く保有している

大手リクルートエージェントは転職成功実績がトップクラスなので利用者や企業の信頼も厚く、登録者数も求人数もダントツです!企業としてもエグゼクティブな求人案件を登録者数の多いリクルートエージェントに申込まない理由はありません。
リクルートエージェントにしかないハイキャリアな求人案件も多数あるので利用者にとっても大変メリットとなります。

ハイキャリア向けのプロフェッショナルサービスがある

リクルートエージェントには年収1,000万円を目指す方のために「プロフェッショナルサービス」という転職支援サービスがあります。担当するキャリアアドバイザーは各業界に精通した専門コンサルタントで、経歴や実績のある方ばかりです。
大手企業との太いパイプを活かして、登録者の希望や経歴などにマッチしたハイクラスな求人を紹介してくれます。当然用意される求人も非公開のハイクラスな求人ばかりです。

リクルートエージェントのハイキャリア担当キャリアアドバイザーはココが違う

リクルートエージェントはキャリアアドバイザーの数が転職エージェントの中でもトップクラスです。その中でもプロフェッショナルサービスを担当するキャリアアドバイザーは特別で、転職成功実績が高いことで有名です。
ハイキャリアの案件を担当するだけあり、経歴も華々しい方たちばかりです。新卒でコンサルティングに従事し、新規導入プロジェクトに携わり企業の業務効率化を行った方や、外資系人材エージェントで新部門の立上げを経験した方、同社リクルートにて新しい部門を立ち上げ、企業の重要ポジション専門スカウトを行ってきた方など経験や実績も申し分ありません。
キャリアアドバイザーの転職サポートに対する考えも一味違います、キャリアアドバイザーの相談者への一言を紹介します。
「相談者のキャリアを活かして付加価値の高いキャリアとなるような求人を紹介します。」
「更に成長を求めるエースクラスの方がワクワクするようなポジションを紹介します。」
「企業への売込み・情報提供・他の転職エージェントにはない求人提案などきめ細やかなサポートします。」
など、求人紹介だけではなくキャリアアップを求める方に対しての配慮がうかがえますよね。

気になるハイキャリアの方の転職成功事例

リクルートエージェントのプロフェッショナルサービスを利用して転職に成功した方の事例を紹介します。ハイキャリアの求人を求める方には大変参考になると思います。

転職のきっかけ

転職者は40代男性で過去の転職経験は無い方で、国内エンジン部品メーカーで15年間開発責任者として勤めていました。同社の評価が高まり、海外現地法人の開発責任者に抜擢され、
3年間海外市場の開拓と組織体制の整備を手掛けてきました。
転職のきっかけは海外赴任から日本へ戻るとき、会社の用意したポジションは今までの経験が生かせない可能性があったため、経験を活かせる国内の大手企業への転職を決意されました。

キャリアアドバイザーによる分析

転職者は海外のマネジメント経験と英語力があり、国内外での開発実績を十分にお持ちで「マネジメント・語学・技術」の3つの分野で高い価値を提供できる方で、仕事に対する姿勢も素晴らしく申し分ない。

求人紹介

転職者の希望は国内大手メーカーの同ポジションでしたが、年齢年収の面で企業との折り合いがつかず厳しい状況でした。
そこで日本市場でのシェア拡大に向け開発部門の強化をもくろんでいた外資系ベアリングメーカーであれば「マネジメント・語学・技術」の3つの経験が生かせる企業であると確信し面接をセッティングしました。

転職者の反応

面接の際に企業のお話を聞く中で、ものづくりへの情熱・企業文化・価値観を聞いていくうちに転職者の方は企業の経営方針に共感されました。
当初の希望である国内大手メーカーではありませんでしたが、転職者ご自身の経験が生かせる仕事であることに魅力を感じ転職を決意されました。
転職者の方は求人内容にもご納得され、年収においても1,100万円から1,300万円と200万円もアップする結果となりました。

キャリアアドバイザーの分析力と情報量、リクルートエージェントの求人数によってハイキャリアの転職サポートの体制が整っているため、エグゼクティブ層の方の利用も多いというわけなのです。

リクルートエージェントの使い方と注意点の最新記事

リクルートエージェントにいる?使えないキャリアドバイザーの対応と特徴

転職エージェントの口コミや評判などで「転職エージェントは使えない」など見かけて登録をしないのは…

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いは?

リクルートエージェントとリクナビNEXTは同じ会社が運営しているように思いがちですが、実は運営会社…

切り出しづらい年収・給料の交渉など、担当者への交渉ポイント

企業との年収・給料交渉は自分では切り出しづらいものです。なかなか言いづらいことでもキャリアアド…

リクルートエージェントの上手な利用方法と特徴

転職エージェントの中でも最大手のリクルートエージェント。なんといっても非公開求人が圧倒的に多く…